建設業許可とは

行政書士やまなみ事務所は、北九州都市圏で建設業許可を取りたい方をサポートします!

建設業許可とは

500万円以上の工事をする場合に建設業許可が必要となります。

ただし、以下の場合には、建設業許可が不要です。

 

1.「建築工事一式」の場合

  • 工事一件の請負額が1,500万円未満の工事
  • 又は、延べ面積が150平方メートル未満の木造住宅工事


2.建築一式工事以外の工事の場合

  • 工事一件の請負額が500万円未満の工事
  • この場合の500万円は、消費税込みの金額となります。
  • なお、材料費を含んだ金額となりますので、資材が高額になる事業者様は注意が必要です。
建設業許可の種類

① 大臣許可と知事許可

  • 大臣許可:営業所が複数あり、他の県にもまたがっている時に必要となる許可です。

 

→主たる営業所を管轄する地方整備局等に申請します。

 

  • 知事許可:営業所が一つの時、または営業所が複数あるが、同一県内にある場合の許可です。

→各都道府県知事に申請します。

② 特定建設業と一般建設業

  • 特定建設業許可

 元請として、一件の建設工事につき、そのすべての下請契約の下請代金が合計金額4,000万以上の場合に必要となります。(なお建築一式工事業については6,000万円以上

  • 一般建設業許可

 上記以外の場合